20年以上の月日も関係ありません

転勤や異動で故郷を離れて暮らす私が、久しぶりの生まれ育った地元に帰ってきたのは高校の同窓会があったからです。
仕事に没頭し続けてきた人生を送ってきた私には、これまで女性との出会いもほとんどなく、ひたすら仕事をする毎日でした。
そんなときに届いた同窓会の案内状に、特に期待することもなく、何となく参加してみたのです。
正直に言うと、特に仲の良かった友人がいるわけでもなかったので、会場についても感動の出会いや再会などもありませんでした。
ただ唯一彼女だけは違いました。
同じクラブに所属していた彼女は、恐らくは私のことが好きなんだとわかっていたのですが、当時の私もスポーツに没頭していたので彼女のことは全く見ていなかったのです。
それが 20年ぶりに出会った瞬間、当時のことを思い出して何とも言えない気持ちになったのです。
それが彼女との数十年ぶりのであいとなり、そこから何度かデートを繰り返すようになりました。
奇跡的に彼女も独身で、出会いサイトで見つかる出会いのチャンスを与えてくれた神様に感謝する気持ちで楽しい時間を過ごしました。
ところがある日、突然連絡がつかなくなったのです。
数日間気が気じゃない日々を過ごすことになったのですが、携帯のメールと電話番号以外は、彼女のことは何もわからない自分が恥ずかしくなり後悔していました。
一ヶ月後、別れの手紙が家に届きました。
というのも 彼女は実は旦那も子供もいる身で、不倫だった
のです。
出会いを子供のようにはしゃいでいた私に本当のことを言えないまま、だんだんと嘘をつくのが辛くなって目の前から消えることを選んだということでした。
何という残酷な出会いなのか、そんな自分を悔やんでも悔やみきれず、諦めきれない気持ちでいっぱいの毎日を今も過ごしています。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.